ロリスの『やった~!』日記

☆50代からリスタート備忘録☆

Top Page › 暮らし・雑記 › メルカリデビューから1か月やってみた感想&成果
2021-04-05 (Mon) 12:08

メルカリデビューから1か月やってみた感想&成果

こんにちは、ロリスです。
あっという間に、桜も終わりに近づいてます。
どんどん季節が進んでいく~(~_~;)

さて、メルカリをはじめて3月26日で1か月。
(だいぶ過ぎてますが(^-^;)

1か月で18点売れて 10000円ほど。
送料差し引いたら7000円ほど売上。

その後も今日まで3点売れて21点
殆どが本で17点

本はバーコードのあるものだったら、読み込むだけで本の情報は入力されるから楽♪最近の本、人気のある本じゃないと最低価格でしか売れない(300円)。そこから送料を引くと100円ぐらいにしかならない。

その金額で時間と手間をどう思うか?やるやらないが決まってくるかな。梱包してコンビニに持っていくと、宛名ラベルを自分で書かなくても大丈夫なシステムもありです。私はそっちの方が面倒くさいので、自分で宛名書きしてますけどね。

私は日本郵便のレターパックを使っていて、これだと180円で2センチ以下の本なら送れます。これだと梱包・宛名書きしても5分かからないから。本はほとんどこれでOK!厚さが2センチ以上の本は要注意!下手すると、送料の方がかかちゃうなんてことになるんで。

本に関しては、紙の本応援のためになるべく買いたい気持ちはあるんですよね~。近くに図書館もないし。そうは言っても、欲しい本全部買えるほど余裕ないし(~_~;)場所もないし。

ちょっと読んでみたい本、1回読んだらいい本、メルカリはありがたい☆
というわけで、今後も本はメルカリさんにしよ~。

《メルカリに不向きな人》
とっても簡単な操作で出品できて(特別な知識なくても感覚的にできます)すご~く便利だけど、あて名書きとか梱包とか、ちまちました作業が多いです、そういうのがマメに出来ない人には向いていない。これは他のサービスでも同じだけど。あと、出品してすぐに売れるとは限らないので、その間の空間は片づかないです。すぐに片づけてスッキリしたい人にも不向きだね。

私はちょっとしたお店屋さんごっこみたいで楽しい♪
いずれにしても、不要な物を増やさない!
(本は読みたいから仕方ない)

DSC_1346.jpg
桜が終わったら緑の季節だね

忌野清志郎の『瀕死の双六問屋』を読んでいる。
1998年~2000年、雑誌の連載が書籍化されたもの。

加筆・修正はされてはいるけど、清志郎の書き下ろし。あとがきも本人が書いてる。

自分が当時の清志郎の年齢になって、当時は分からなかったことがより身近に感じる!
やっぱり好きだ(笑)

この本の中にこんな言葉がある
『本当に必要な物だけが荷物だ』

うむうむ・・・。
そうだ!その通りだ!と思いつつ、午後は買い物に行こうかと思っている。
どうしたものでしょう?

よーし、もう1度言おう。
君に伝えよう。
『本当に必要な物だけが荷物だ』

本当に必要な物・・・
私は未だ選びきれてない(^^;

ではまた~('ω')ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
関連記事
[Tag] * 暮らし * 忌野清志郎

最終更新日 : 2021-04-05

Comment







管理者にだけ表示を許可