ロリスの『これやった!』日記

☆50代からリスタート備忘録☆

Top Page › 映画・本・美術 › STARS展・森美術館で現代アートをみる
2020-11-05 (Thu) 10:31

STARS展・森美術館で現代アートをみる

こんにちは、ロリスです。

10月19日、日帰り東京1人旅~10月28日ブログのつづき
東京都庭園美術館の次は、六本木にある森美術館へ。

DSC_0795.jpg

現代美術のスターたち6人展。
1度にこれだけ観られる機会も貴重なんで、行ってきました~♪

私、ここの美術館があまり好きではありません。なぜかというと、53階にあるからです~(;´Д`)
(耳がおかしくなるんだよね)

現代美術ってよくわかんないし~私は、美術やアートの勉強はしたことがない。
まったくの素人目線だけど、とにかく観てみましょう~♪

まずは、どど~ん!村上隆氏の作品がお出迎え!

DSC_0755 (2)

迫力の赤鬼、青鬼(阿像と吽像)を正面から撮った画像がうまく撮れてませんでした(涙)
5メートルあるらしい。

森美術館、天井が高いんだよね!
広い空間をいっぱいに使って、大迫力。

DSC_0753.jpg

今回の展示では、初期と現在の両作品が観られるのも特徴。
初期のフィギュア作品もいました。
(こちら系はちょいと気持ち悪い(^^;)

鬼が邪気を払ってくれそう♪
富士山に桜、五重塔・・・日本的なモチーフに鮮やかな色彩。
お祭りのような空間でした~☆

つづいては、
リ・ウーファン
(漢字に変換できない(^-^;ウファン?ウーファン?)
韓国出身の作家さん

そういえばちょっと前、静岡の県立美術館にいったときに、遠目から気になる作品があって近づいたら、リ・ウーファンの作品だった。なんかご縁を感じる☆

DSC_0757.jpg

こちらは、白い砂利が敷きつめられた、静寂を感じる空間。
静かながら、これはエネルギーを感じますね~。

DSC_0758 (2)

天使と悪魔
善と悪
光と闇

これらは、別々にあるのではなく、一緒にあるもの。今、ヘッセの小説『デミアン』にはまってるので、そんな事を、リ・ウーファンの作品に感じました。

ピンと、背筋が伸びるような空間でした~。
つづいては

草間彌生さん

DSC_0759.jpg

たぶん90歳過ぎてる?現役ですよね!

以前、草間さんが創作されている、ドキュメンタリー映画を観たことがあります。
その姿は、没頭通り越してこわいぐらいだった(^^;

ピンク・ボートだったかな、これは名古屋で見た覚えがあるぞ!
ピンクの男性がいっぱい~(゚д゚)!
めちゃ熱心に、写真を撮っている男性がいました。

草間さんの作品は、ものすごいエネルギー🔥
軟弱な私には少々強すぎて、観ていると逆にエネルギーを吸い取られそう(笑)

この日は時間もなかったし、この後まだメインの予定があったので、草間さんのところは足早に~('◇')ゞ

ちょっと順番があやしいけど、残り3人はまた次回~。
ではまた~('ω')ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

関連記事
[Tag] * シンプルライフ *  * 美術館

最終更新日 : 2020-11-05

Comment







管理者にだけ表示を許可