ロリスの『これやった!』日記

☆50代からリスタート備忘録☆

Top Page › 暮らし・雑記 › 東京日帰り1人旅『生命の庭』展・東京都庭園美術館で心に残った作品
2020-10-28 (Wed) 12:32

東京日帰り1人旅『生命の庭』展・東京都庭園美術館で心に残った作品

こんにちは、ロリスです。

前回のつづき・・・
東京日帰り1人旅

東京都庭園美術館
現代作家8人による
『生命の庭』

私の印象に残った作品

青木美歌さんの、ガラスの作品たち。
《光に始まる 光に還る》

P1110587.jpg

菌類や細胞など、ミクロな世界をマクロに表現した作品(この表現あってる?)
金平糖みたいな小さなガラスの作品は、ウイルスのように感じました。

キラキラ☆光の反射がとても美しい。
青木さん本人のコレクションである、天然石の展示もあって、美しい石の色にも見入ってしまった。

床に映った影までもキレイ☆
ちょっと私のスマホでは、この美しさは撮れない('◇')ゞ
ぜひ生で体感してください~。

つづいて、
小林正人さんの作品
《画家の肖像》

DSC_0737.jpg

画家の肖像というんだから、小林さんの自画像ってこと?
筆を加えた馬が、こちらを見ている。
私が馬好きっていうのもあり、とても印象深い。

なんだか吸い込まれそうなグリーンの瞳。
神秘的で孤高で、独特な雰囲気の絵でした。

もうひとつ、小林さんの作品

DSC_0732 (2)

壁にある三角と四角とドアと・・・。
半開きになった、ドアの中に何かあるのか?

これはね~ちょっとズルして、美術館のお姉さんに聞いちゃいました(笑)
あ~!!!なるほど☆ちょっとしたイタズラのような作品。
頭が柔らかくないと、気がつかない(^-^;

つづいて、山口啓介さんの大きな絵

なんだかわからないけど、インパクトがあった!
《共存する3つの顔、世界》


DSC_0739 (2)

3つの顔っていうと、阿修羅像を思い出す。
クイーンのアルバム《ミラクル》のジャケットも思い出した(笑)

正面向いている顔が現在で、過去、未来?
右の顔は、ちょっと口元が微笑んでいるようにもみえる。
なんで頭に猫がのってるの???
(はじめチワワかと思ったけど、猫だよね?)

真相はわからない('◇')
なので、頭に残ってしまった(;・∀・)

山口さんの作品は、前ブログにのせた《カセットプラント》から、植物の版画、そして大きな絵まで、印象の違った作品が並んでた。東日本大震災後に原発のニュースを、めちゃ小さい字で書き写した日記《震災後ノート》の展示もされていた。

人間・植物・原子力

気がつかないところで、原発に依存している今の生活。
これでいいのだろうか?
なんか考えさせられる・・・。

以上、特に印象に残った作品を、紹介させてもらいました~。

こちらの展示は、2021年1月12日まで開催されています。

ではまた~('ω')ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
関連記事
[Tag] * シンプルライフ *  * 美術館

最終更新日 : 2020-10-28

Comment







管理者にだけ表示を許可