ロリスの『これやった!』日記

☆50代からリスタート備忘録☆

Top Page › 暮らし・雑記 › 2020年7月も終わり~読書録&備忘録
2020-07-31 (Fri) 15:33

2020年7月も終わり~読書録&備忘録

こんにちは、ロリスです。
バタバタとしているうちに7月が終わる~!

☆今月読んだ本☆
全世界史(上) 出口治明
沈黙の春 レイチェル・カーソン
芸術ウソつかない 横尾忠則対談集


海洋生物学者レイチェル・カーソンの本は、気分の滅入る本だった・・・。
自然破壊の警告書。化学薬品(主に殺虫剤・化学肥料)の乱用が、土壌や生態系にあたえるダメージについて書かれてるんだけど、最初から最後まで希望を感じられない。この本は1962年に書かれた本で、私が生まれる前のこと。最後にレイチェルが言っている『今分かれ道にいる』地球の安全を守れる唯一のチャンスだと。

だけど人間は、レイチェルの望んだ道を選ばなかった。あとがきで評論家が『たんなる気休めでない解決策はいぜん暗中模索のさなかにある』これが書かれたのが1973年、今から47年前。2020年、事態はより一層深刻になっていると思う。さらにマイクロプラスチックの問題、食品添加物、大気汚染・・・言ったらキリがない。ぜんぶ人間が楽して儲けて、邪魔なモノは排除してきた結果。もはや個人レベルではどうしようもない。さらにコロナで、ゴミ問題、消毒による弊害、加速してるんじゃない?

多くの人たちが『まったく関心がない』という現実。直接自分の身体が、痛いだの痒いだのならなきゃ~関係ないことなんだな。先日も、マスクのぽい捨てにより、鳥の足にマスクのゴムが絡まっている映像を見た。あ~イヤだイヤだ。今の時期に読むには、かなりヘビーな本だった(;´Д`)。知りたくない現実、そんな人間ばかりじゃないだろ?でも、依然として少数派。

今月は3冊(^^;で、年間100冊目標が(汗)

2020年前半で、行きたかった&観に行く予定で行けなかった展示。

ハマスホイとデンマーク絵画展 東京都美術館
ロンドン・ナショナルギャラリー展 国立西洋美術館
画家が見たこども展 三菱一号館美術館
ボストン美術館展 東京都美術館
ピーター・ドイグ展 東京国立近代美術館
オラファー・エリアソン展 東京都現代美術館
バンクシー展 横浜アソビル


全部は無理だったかもしれないけど~( ;∀;)
全部行けなかったし、今後も当分東京には行けそうにない。

しばらくは、近くの美術館へ気をつけて行くしかないね。
県内も感染者増えてきているから、それすらまた出来なくなるかもだし。

負のスパイラルに入りそうなので、意識して今ある楽しいことに目を向けよう!👀

DSC_0356 (2)

あ~癒されるね(笑)

睡眠と栄養もね!(^^)!

ではまた~('ω')ノ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
関連記事
[Tag] * シンプルライフ *  * 読書

最終更新日 : 2020-07-31

Comment







管理者にだけ表示を許可