ロリスの『これやった!』日記

☆50代からリスタート備忘録☆

Top Page › 暮らし・雑記 › 付箋のお悩み解消~たったこれだけだった!
2020-07-23 (Thu) 16:00

付箋のお悩み解消~たったこれだけだった!

こんにちは、ロリスです。

突然ですが、付箋って使いますか?
私はよく使うんだけど、1つだけ気になることが( ゚Д゚)

それは、クルッってなっちゃうんだよね~!
わかります?

_20200723_104013.jpg

めくれ上がるというか・・・。
これが引っかかって剥がれたり・・・。

フラットに張り付く付箋はないものか?
と、調べていたら
「えっ!?これだけで?改善されるの?」
という方法を見つけた(゚д゚)!

下から上へはがす

これだけ!

DSC_0352~2 (2)

(粘着面が左)
今まで×の方向で剥がしてたのを、〇の方向で剥がす。
本当にそれだけで、丸まらないの?

DSC_0351 (2)

一目瞭然です!

へ~♪たったこれだけで、お悩み改善しました~(((o(*゚▽゚*)o)))
ずっと気になっていたので、拍子抜けした(笑)
これって常識?(^o^;)

今日はたまっていた新聞と、録画してあった番組を観た。
その中の一つ『日曜美術』になんと、忌野清志郎が出ていた!

2004年の番組だったから、おそらく清志郎53歳ぐらいの時ではないかな。
好きなゴッホの絵を、初めて生で観るという。

ゴッホの絵を『ロックだね~!』
『観る人に勇気を与える絵』
『ジミ・ヘンに似ている』

って、ガラスに顔近づけて、じ~っと観ている、ほぼ今の私と同じ歳の清志郎。

私もゴッホの絵を生で観たとき、糸杉の絵だったけど、その絵の具の盛り上がりに驚いた!
印刷ではわからない、そのど迫力!!!

取り憑かれたような、迫ってくるような、すごいエネルギーを感じた。
それを観た後で、ハガキを買う気になれなかったのを覚えている。

同じくゴッホが好きだったという、棟方志功。
ゴッホに憧れて絵を始めたけど、途中から版画に転身。

木を彫っている棟方志功の姿が、何かに取り憑かれているようだった(・_・;)
ちょっとこわいぐらい

創作する人のエネルギーって、その絵、その音楽に乗り移るんだよね。
そこまで没頭できる何かがある人って、やっぱりすごいな~って思う。そういう人達のおかげで、私も楽しみがたくさんある✨

まだ溜まっている録画があるんだけど、おじさんが『半澤直樹』のスピンオフのドラマの録画をつけたまま、自分は買い物に行ってしまった。これ、ついていたら見ちゃうでしょ~(^-^;見る予定じゃないものまで見ちゃって、こんな時間じゃん(゚д゚)!

ではまた~('ω')ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
関連記事
[Tag] * シンプルライフ *  * 美術館 * 雑記

最終更新日 : 2020-07-23

Comment







管理者にだけ表示を許可