FC2ブログ

ロリスの『これやった!』日記

☆50代からリスタート備忘録☆

Top Page › 映画・本・美術 › せっかく読書するなら効果的に読みたい『脳を強化する読書術』
2020-04-03 (Fri) 15:51

せっかく読書するなら効果的に読みたい『脳を強化する読書術』

こんにちは、ロリスです。
4月も読書月間~目標月10冊。

_20200403_122435 (650x511)
カリフラワーが、脳みそに見えるのは私だけ?(;^ω^)

さて、4月の1冊目に選んだのがこちら



医学博士/脳の学校代表 加藤俊徳さんの本

加藤先生は1万人以上の脳を分析。脳には右脳・左脳それぞれ60ほどのグループがある。全体では120ほどあるグループを分かりやすく8つに分類。それぞれのグループ(脳番地)に担っている働きがあって、どこの脳番地を主に使うかは人ぞれぞれ。

まず驚いたのが、加藤先生は本を読むのがとても苦手な『難読症』だったそう!難読症という言葉も初めてきいたけど、本が読めない人というのは、自分の内なる声『内言語』を音として感じられないのだそう。そんなこと考えた事なかったけど、改めて本を読んでいるときを考えてみると、頭の中で音読している感覚がある!読んだ活字が頭で音にならないと、本を読むのが苦手になるみたい!そうなんだ~!!!私は難読症ではないようだ。

ちょうど今、目標の数字を決めて読んでいるけど、ただ数字をこなすだけの読み方だと、なんの感動もなく記憶にも残らない(汗)そんなことになったら、大事な時間を使ってなんのために読んだのか?ってなってしまう。そんな残念な事にはなりたくない!私が本を読んで得たいのは、楽しみと自分の器を広くしたいから(できれば深くも)。このタイミングでこの本に出会えてよかった。

それに本を選ぶという行為自体、とても脳を働かせるんだって!可能ならなるべく本屋さんで買おう。増えると置き場もないし、電子書籍もどうかなと考えていたけど、物としてそこにある紙の本をみて、触れることでも、脳への情報量は増えて記憶に残りやすいそう。やっぱり紙の本がいいね。本は残しておいた方がいいけど全部は無理だから、写真にとってあとで見返しても記憶に定着しやすいらしい。これなら出来そうだ!

読書といっても、読み方によって使う脳番地も変わってくる。自分はどこを主に使っているか?簡単なテストもあっておもしろい♪
それによると、私は運動系・聴覚系の脳番地を使ってないみたい。各脳番地を動かす具体的な読み方の提案もあるので、参考にしたい。

せっかく読むんだから、効果的に楽しくやりたいもんね♪
自分の読書のクセがわかって、おもしろかった。

でも1番おもしろかったのは、この本の前の持ち主。

_20200403_135840 (650x395)

じつはアマゾンで中古で買ったんだけど、前の持ち主がテストやったり、線ひいたりしてるのね。こういうの嫌がる人もいるかもだけど、私はむしろ大歓迎☆シミとかの汚れはご遠慮したいけど。

この人、めちゃ右脳じゃん!右脳に全部〇ついてる(笑)

私はなんのテストやっても左脳優勢なんで、きっと真逆の人だね。そもそも、テストに直接〇つけて、そのまま売りに出すってところも、私には考えられない(笑)中古本って安く買えて、たまにこんな楽しみもある。

この本を参考に、また違った読書の楽しみ方ができそうだ~♪

ではまた~('ω')ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
読んでいただきありがとうございます(*'ω'*)
関連記事
[Tag] * シンプルライフ *  * 読書

最終更新日 : 2020-04-03

Comment







管理者にだけ表示を許可