FC2ブログ

ロリスの『これやった!』日記

☆50代からリスタート備忘録☆

Top Page › 映画・本・美術 › 読書年間100冊!なぜ読むか?モチベーションアップに読んでみた本
2020-03-10 (Tue) 15:21

読書年間100冊!なぜ読むか?モチベーションアップに読んでみた本

こんにちは、ロリスです。

コロナウイルスの影響で、忙殺されている人と時間できた人と、二極化されているのでは?
私は後者のほうなので、読書月間にしたいと思っています。

読書のモチベーション上げるために読んでみました。



戸田智弘氏による『学び続ける理由』
学者、文学者、作家、ことわざ等々の言葉とともに、戸田さん自身のこれまでの学びと学ぶことの大切さを語っています。
この本でも、読書の大切さが語られてますね~。

全部で11項ある中で、
5『読書の三つの機能』
6『何をどう読むか?』


とくに若いうちは絶対に濫読が必要である
もう若くない(涙)ここでもう手遅れと思うか、分かれ道(;・∀・)

編集者の川辺秀美さんの『22歳からの国語力』言葉

読書を効果的に仕事や人生のエンジンにするためには何を基準にしたらよいか?(中略)
一つだけはっきり言えることがあります。それはある程度以上の量を読むということが、決定的に重要だということです。質というものは、量をこなしたうえでおぼろげながらつかみとれるものです。そのためには絶対量というのがどうしても必要なのです。私はこの絶対量を1000冊くらいかな、と感じています。


22歳にむけて書かれた本の言葉なのね(汗)ということは置いておいて~。
齋藤孝さんの本にも書いてあったまずは量
1000冊!1年100冊だとしたら10年かぁ~。

あと、齋藤さん、戸田さん、この本で紹介されている人も言っているのが、本に書き込め
私も付箋ははってるけど、直接本に線ひいたり書き込んだりはね~この後手放すこと考えるとね~(汗)

我が家は本を置くスペースが少ないので、ここは悩みどころ。
評論家の森本哲郎さんはこう言っている
「部屋は狭くなっても、心は広くなる」

自分の部屋があるならいいけど、家族間でも問題になりそうだしね(笑)

そういえば先日、ウエルビーイングのzoom勉強会に参加しました。
たまたま読んだ本の共有タイムがあって、その時にAちゃんが
「すぐに眠くなっちゃうんだけど、みなさんどうしてます?」

こんな中国のことわざがのってたよ!

股(もも)を刺して書を読む

いやいや、さすがにこれはね~(笑)
その時に出て、ここにも書かれているのが
立って読む

じつはこれ、時々私もやってます~。集中できるのと、座りっぱなしは体によくないらしいので。
立って読んでも眠くなるようだったら、本当に眠いのだから寝るように(笑)

福沢諭吉のこちらの言葉
天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。
ここは知ってるけど、その後って知らない。
されば賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざるに由って出来るものなり

賢人にはなれなくていいけど、自分の人生は楽しみたい。
色んな目を養うためには、本を読むことは効果あるのかな、やっぱり。

50歳過ぎてるけど、今からでもやる!(^-^;

最後はガンジーのこちらの言葉で

明日死ぬかのように生き、
永遠に生きるかのように学びなさい

そう言っちゃうと家事やらなくなっちゃうよ!なんてね(笑)

なぜ学ぶのか?
その先に何があるのか?
想像させてくれる本でした♪

DSC_0581 (650x409)

リモコンとられました!
この犬の、あきらめない姿勢はなかなかのものです( ゚Д゚)

ではまた~('ω')ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
読んでいただきありがとうございます(*'ω'*)
関連記事
[Tag] * シンプルライフ * 読書

最終更新日 : 2020-03-10

Comment







管理者にだけ表示を許可