INDEX    RSS    ADMIN

映画「ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ」観てきました

こんにちは、ロリスです。

ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ を観てきました。

静岡では上映されないかな~と思っていたけど、1日1回だけの短期間上映
観に行けてよかった☆


ダイアナ・ヴリーランド (1903年~1989年)

ファッション界のカリスマ・エディター

1937年から、ハーパース・バザーで25年間エディターを務める
その後 ライバル誌のヴォーグの編集長に就任

その理由を、映画の中では
「25年間働いて、給料が1000ドルしか上がらなかった!」
と言っていますが・・・。

その後、70年代に入り 時代に合わなくなったとヴォーグをクビ。
しばらくは落ち込んでいたようですが、晩年はメトロポリタン美術館衣装研究所の
顧問に就任。

いくつもの衣装展を大成功させる。



ファッションやアートの勉強をしていた訳ではない彼女が、
服の着こなしが素敵という事で、目をつけられ 雑誌作りにかかわっていく。

その後の活躍と言ったら、ものすごい!


まずは、インタビューに答えるダイアナの、ドスのあるしわがれ声に圧倒(笑)

60年代のツィギーや、まだ無名だったローリング・ストーンズのミック・ジャガーを
雑誌に載せたのも彼女。

まだ初々しい、ミックの写真が印象的でした。


とにかく、彼女のエネルギーがすごい!
美しいものの追及、自分のイメージの表現はけっして妥協しない。
そして、それが楽しくてしょうがない。

子供たちにとっては、理想のお母さんではなかったようですけど(笑)

そういえば、ここのところドキュメンタリー映画ばかり続けて観ています。

ボブ・マーリー
草間彌生
ビル・カニンガム
ダイアナ・ヴリーランド



実在する偉大な人物の姿は、フィクションよりおもしろいし、興味あります。
今回も、エネルギーをもらいましたね。

印象深い言葉があったので、その辺はまたの機会に書きたいな~と思います(^_-)-☆



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
来ていただきありがとうございます
↑こちらもクリックいただけるとうれしいです
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

辻 由美子

Author:辻 由美子
静岡市清水区

ダンナと二人暮らし+チワワ
好きなもの・洋服・日本酒・生き物

★パーソナルカラーアドバイザー
★クローゼットオーガナイザー


パーソナルカラー分析いたします
詳しくは自己紹介欄をご覧下さい☆


2014年7月
ロングコートチワワの黒吉が
家族に加わりました☆
・黒吉 2014年5月16日生まれ
   ブラック&ホワイト・オス


     

ブログランキング

ポチっとしてもらえるとよろこびます(#^^#)

☆☆☆☆☆☆☆

☆★☆★☆★☆

ようこそ♪

ありがとうございます

FC2ブックマーク

検索フォーム

QRコード

QRコード