FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

大好きな藤田嗣治の猫に会いに行く(2)

こんにちは。
今日は涼しくて過ごしやすいですね~。
あっという間に9月も半ば過ぎ(^^;)

ベルナール・ビュフェ美術館で開催中
【藤田嗣治 本のしごと】

DSC_1130 (572x800)


2018年 没後50年

藤田のことを初めて知ったのは、結婚前だったから少なくても15年は前だと思うけど・・・
女性ファッション誌に、その特集があったことです。

この時代に、パリでこんなに人気があった日本人画家がいたんだ!
ということも驚きだったけど、そのとき掲載されていた藤田の家なのかアトリエなのか?の写真がすっごい好みで、この人のセンス好き~♪と思ったことがきっかけ。

私は猫大好きなので、藤田のネコの絵もツボでした(今は犬を飼ってますが(^-^;)

その切り抜きも長いこと持っていましたが、結婚後4回の引っ越しのうちに処分したようで、今はありません。
どんな写真だったのか、なんとなくしか覚えてないのでもう1回見てみたい。

今回の展示では猫のコーナーもあって、もちろんそれが1番よかったです(=^・^=)
藤田がフランク・シャーマンにあてた手紙も興味深かったです。

英語なので書いてあることはわかりませんが、自分の様子、奥さんが日本から来るのが待ち遠しくてしょうがない♪気持ちが、お茶目なイラストで表現されてます。

数は少ないけど、藤田が作ったおもちゃや陶芸、自分でカスタマイズしたテーブルなど・・・。
裁縫もじょうずだったようで、自作の服を着たり、プレゼントしたりもしていたようです。

何年か前に映画で【FOUJITA】をみました。
映像はとっても美しい映画だったけど、私が抱いている藤田とあまりに違って超ガッカリした映画。

FUJITAではなく、FOUJITA。
フランスでつけられたあだ名「FOU FOU」(お調子者)響きが気に入って、藤田がわざとそう書いていたようです。

時代・戦争・国に翻弄されつづけた生涯だったと思うけど、この人からは強いエネルギーを感じるんですよね~。
打たれても打たれても、出てきちゃう杭みたいな。

それに、楽しむこと、成長することへの意欲がすごい人だったんじゃないのかな~。
この人の生きざまを、もっと知りたい(^w^)

この日、鑑賞する前に預けた傘を忘れてしまい、カギを持ち帰ってしまいました('◇')ゞ

_20180909_174807 (500x650)

美術館にはお電話して、カギは郵送しました。

傘なんだけど、まだ新しくて手放すにはもったいないし・・・。
藤田が私にしかけた『いたずら』だと思って、もう一回会いに行くつもりです(笑)

【静岡市清水区】パーソナルカラー分析
こちらからどうぞ('ω')ノ
23283288_1938467516170862_1042563900_n.png


にほんブログ村
読んでいただきありがとうございます☆

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

辻 由美子

Author:辻 由美子
静岡市在住

夫と二人暮らし+チワワ
好きなもの・動物・映画・日本酒

★パーソナルカラーアドバイザー

パーソナルカラー分析いたします
詳しくは自己紹介欄をご覧下さい☆


2014年7月
ロングコートチワワの黒吉が
家族に加わりました☆
・黒吉 2014年5月16日生まれ
   ブラック&ホワイト・オス


     

ブログランキング

ポチっとしてもらえるとよろこびます(#^^#)

☆☆☆☆☆☆☆

☆★☆★☆★☆

ようこそ♪

ありがとうございます

月別アーカイブ

FC2ブックマーク

検索フォーム

QRコード

QRコード