FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

10月の思い出NO1はやっぱり【藤田嗣治展】

あ~今月も今日で終わりだ!
仕事もプライベートも忙しかった、濃い~1ヵ月でした。

なんといっても、今月のお楽しみはこの美術展♪

_20181031_103857 (650x461)

東京都美術館
ベルナール・ビュフェ美術館(こちらは2回目)

2か所での藤田嗣治展

何年か前にみた、藤田嗣治の映画。
描かれ方がすごく暗くて・・・。

この人は悲劇の画家だったのか?
悲しい晩年だったのか?
いやいや、この人はそんな人じゃないだろ?

ずっと気になっていましたが、2つの展示会をみて、その疑問が晴れた気がします☆

この人は、やっぱりお茶目で、絵を描くことが本当に好きで、自分のことも好きで、
最後まで高みをめざしていた人。

そんな風に感じました。

まだ研究されていない、肉声や手紙などもたくさんあるようなので、今後も楽しみです♪

「絵には永遠に生きる魂が宿っている」

藤田嗣治という画家に、ちょっとだけ近づけた気がします。

_20181004_152710.jpg

メガネザルにも会えたし♪

他にも、友達のフラメンコの舞台をみたり

_20181021_190346 (457x650)

20代最後にやっていたバンドのメンバーと、
10年ぶり?ぐらいにご飯にいったり。
いや~なつかしいね(笑)

_20181016_215642 (650x433)

パッククッキングの復習をしたり、リースを作ったり・・・。
あっ、仕事もがんばりました~(笑)

少々お疲れモードですが、風邪などひかずよかったな。
明日から11月、なんだか2019年が見えてきましたね~(^^;)

体調管理に気をつけて、残り2か月楽しみましょうね~('ω')ノ
ではまた。

【静岡市清水区】パーソナルカラー分析
こちらからどうぞ('ω')ノ
23283288_1938467516170862_1042563900_n.png


にほんブログ村
読んでいただきありがとうございます☆

あのカリスマパーツモデルさんもなっていた【へバーデン結節】

こんばんは。

今朝のテレビ番組で、ある言葉が耳に入ってきました。

【へバーデン結節】

思わずみてしまいました。

カリスマパーツモデルの(手とか足とか専門のモデルさん)金子エミさんが、へバーデン結節になった。
ご本人が話していました。

へバーデン結節というのは、指の関節が腫れたり変形したりする病気。
指の第一関節にだけ出るのが特徴で、リュウマチとはまったく別のものです。

じつは~私もこれになってまして(T_T)金子さんが今47歳、私も同じ47歳のときに発症。

最初は左手小指の第一関節が痛くなって、なんだか腫れてる~。
病院にいったらあっさり「もうなおりません。」って言われました。

それから3年たって、今年の春ごろから右手の中指も痛くなってきました。
他の指はそんなに痛くないけど、腫れてる感じはあります。

朝起きた時が1番痛くて、指をにぎることもできません。
そのあとは、押したり、ギューっとにぎったりしなければ普通に生活できてます。

はっきりした原因も、治療法も見つかっていないのが現状( ;∀;)
更年期の女性が発症することが多いので、最近ではホルモンが関係してるのではないか?と言われています。

更年期の症状で、こんなものまであるなんて、想像もしていませんでした~!

命にかかわるような病気じゃないから、研究もされにくいのかもね。
ただ、なっている本人は非常に困っています・・・。

はやいとこ、いい治療法がみつかるといいんですけどね~。

P1110335 (650x432)

へバーデンのみなさん、がんばりましょうね!

ではまた~('ω')ノ

【静岡市清水区】パーソナルカラー分析
こちらからどうぞ('ω')ノ
23283288_1938467516170862_1042563900_n.png


にほんブログ村
読んでいただきありがとうございます☆

東京ひとり旅おまけ【上野動物園】ぜったいに会いたい動物はこれだ!

こんばんは。
10月4日 東京日帰りひとり旅。

1番の目的は東京都美術館『藤田嗣治展』

時間があったので、こちらにもよってきました♪

DSC_1255 (650x366)

上野動物園にきたら、ぜったいに会いたい動物はこの2種類!

_20181004_154902 (650x542)

マレーグマ

なんか人間ぽい、おもしろいクマ。
舌ベラの長さはびっくりですよ~(◎o◎)!

そして、なんといってもこの動物!

_20181004_152710.jpg

メガネザル~ヾ(o´∀`o)ノ

上野動物園には、スラウェシメガネザルという種類がいます。
メガネザルに会えるのは、日本では上野動物園だけなんです。

携帯のカメラで、奇跡的に撮れた1枚♪

この小さくて愛らしい動物は、今では絶滅危惧種になっています。
密漁、森林の伐採などが主な原因のようです。

ペットで飼いたい気持ちはよくわかりますが、メガネザルはとっても繊細な動物らしい。
びっくりしただけで、死んでしまうこともあるようです。

何年か前にいったときは、ちょうど子供が生まれて運よくみることができました♪
今回は2匹しかいなかったけど、1匹どうしたのかな?

大きな目と耳、長いしっぽ。
木につかまってるとわからないけど、後ろあしはかなり長くてカエルみたい(笑)

ああ、どうか、このかわいい動物が平和に暮らせますように!
そう願わずにいられない。

この2種類をじっくりみるだけで満足(笑)
パンダのシャンシャンは50分待ちだったから、今回はやめました~(^^;)

おまけで、かわいい画像がとれたのでこちらも。

DSC_1243 (650x366)

チンチラ?
ごめんなさい~何の種類かわかりません(^^;)

ひとりで動物園にはいるのは、最初勇気がいりましたが今では平気。

上野好きです~♪
次行けるのはいつかしら~?

【静岡市清水区】パーソナルカラー分析
こちらからどうぞ('ω')ノ
23283288_1938467516170862_1042563900_n.png


にほんブログ村
読んでいただきありがとうございます☆



【藤田嗣治展】もっとも心に残った1枚はこの絵

こんにちは。
やっと涼しくなってきましたね~。

さて、前回に引き続き
【藤田嗣治展】東京都美術館

今年は没後50年で、大きな回顧展でした。
美大生だったころから晩年まで、時系列に展示されていて、藤田の画家としての歩みがわかりやすい展示でしたね。

彼の代名詞といえば
猫と乳白色の裸婦

裸婦像も10点以上あって、もっとも有名だったころの作品も充実していました。
もちろんそれもよかったし、猫や動物の絵は無条件に好きです(笑)

私が今回、もっとも観たかったのは晩年の絵。
その中でも、1番心惹かれたのがこちら

_20181016_110827 (457x650)
礼拝(パリ市立近代美術館)

晩年はフランス国籍を取り、宗教画を多く描いていた藤田。
本人もカトリックの洗礼をうけ、レオナール・フジタとなった藤田。

こちら、思っていたより小さかった。
(114.0×143.0)

1963年の作品だから、70代後半のころ。
聖母に天使、それを拝む藤田夫妻。

マリア様が着ている服の布が、ものすごく細かく描かれています。
みんなデコぱちだし、顔こわいです(笑)

私、絵をみて泣いたことなんて1回もないんだけど、この絵をみたらグワっと涙が溢れてきた。
この人混みで泣いたらヤバイ!と思って必死にこらえました。

_20181016_110827 (637x650)

涙腺がゆるんだポイントが、このウサギ。
え~!!!?なんでウサギで?って自分でも思ったんだけど(^^;)

奥さんにむかってピョンと跳ねるウサギから、生きている喜びを強く感じたんですね。
その姿が、藤田嗣治そのものに見えたんです。

この絵は純粋に信仰心から描かれたのかもしれないけど、目を開いている藤田からは、悟りを開いたというより、
「オレはここにいるぞ!」という、純粋な私心を感じるんだよね~。

私は、その人間臭さがとても好きです。
あっ!これはまったく私の主観であって、本当はどうなのかわかりません!

観終わってすぐ、マスカラが目の下についていないか?チェックしにトイレに行きました(笑)

それにしても、日本はこの人をフランス人にしてしまって、本当にもったいないことをしたな。
でも、そうでなかったら、この絵は観られなかったってことだし・・・複雑(^^;)

このあと藤田嗣治展は、10月19日~12月16日、京都国立近代美術館に巡回です。
さすがに京都日帰りは行けないな~( ;∀;)

お近くの方、ぜひ生でご覧になってくださいね☆

東京上野日帰り散策、次回は番外編(笑)
ではまた~('ω')ノ







にほんブログ村
読んでいただきありがとうございます☆


めちゃ混みの美術館【藤田嗣治展】あなたならどう鑑賞しますか?

こんばんは。

芸術の秋・読書の秋・食欲の秋 満喫していますか?
10日4日に上野の東京都美術館
【没後50年 藤田嗣治展】に行ってきました。

前回からのつづき・・・

会期が終わりに近かいこと、テレビで特集があったこともあってか、めちゃ混みだった(;´Д`)

_20181004_132006 (650x448)

入るのに20分待ち、中も大混雑・・・。
こんな時、どうやって観ますか?

私の場合

全部観ません!

はい(^^;)

もうこんだけ人がいると、じっくり絵に向き合って~なんてできないですよ!

解説も読みませ~ん!最近じゃ目もツラいしね(;'∀')
気になる絵はリストにしるしをつけて、後から調べればいいし~。

好きな画家でも、全部の作品が好みとは限りません。
藤田嗣治の場合、時代によって画風もかなり変わるので、あまり好みでない箇所は大きくカット!

そのかわり、好きな絵をじっくり観るのにはエネルギーを使いました。
もちろん空いていれば、じっくり最初から順に観ますけどね。

押してくるおばさん、絵を独り占めしてなかなか動かないおばさん、絵の前で手を振りかざすおばさん、
(おばさんばっか!私もおばさんだけど~(^^;))と闘いながらの鑑賞でした(笑)

_20181004_132054 (650x444)

心に残った作品についてはまた次回~('ω')ノ
ではでは、また☆


にほんブログ村
読んでいただきありがとうございます☆

プロフィール

辻 由美子

Author:辻 由美子
静岡市在住

夫と二人暮らし+チワワ
好きなもの・動物・映画・日本酒

★パーソナルカラーアドバイザー

パーソナルカラー分析いたします
詳しくは自己紹介欄をご覧下さい☆


2014年7月
ロングコートチワワの黒吉が
家族に加わりました☆
・黒吉 2014年5月16日生まれ
   ブラック&ホワイト・オス


     

ブログランキング

ポチっとしてもらえるとよろこびます(#^^#)

☆☆☆☆☆☆☆

☆★☆★☆★☆

ようこそ♪

ありがとうございます

月別アーカイブ

FC2ブックマーク

検索フォーム

QRコード

QRコード