FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

【藤田嗣治展】もっとも心に残った1枚はこの絵

こんにちは。
やっと涼しくなってきましたね~。

さて、前回に引き続き
【藤田嗣治展】東京都美術館

今年は没後50年で、大きな回顧展でした。
美大生だったころから晩年まで、時系列に展示されていて、藤田の画家としての歩みがわかりやすい展示でしたね。

彼の代名詞といえば
猫と乳白色の裸婦

裸婦像も10点以上あって、もっとも有名だったころの作品も充実していました。
もちろんそれもよかったし、猫や動物の絵は無条件に好きです(笑)

私が今回、もっとも観たかったのは晩年の絵。
その中でも、1番心惹かれたのがこちら

_20181016_110827 (457x650)
礼拝(パリ市立近代美術館)

晩年はフランス国籍を取り、宗教画を多く描いていた藤田。
本人もカトリックの洗礼をうけ、レオナール・フジタとなった藤田。

こちら、思っていたより小さかった。
(114.0×143.0)

1963年の作品だから、70代後半のころ。
聖母に天使、それを拝む藤田夫妻。

マリア様が着ている服の布が、ものすごく細かく描かれています。
みんなデコぱちだし、顔こわいです(笑)

私、絵をみて泣いたことなんて1回もないんだけど、この絵をみたらグワっと涙が溢れてきた。
この人混みで泣いたらヤバイ!と思って必死にこらえました。

_20181016_110827 (637x650)

涙腺がゆるんだポイントが、このウサギ。
え~!!!?なんでウサギで?って自分でも思ったんだけど(^^;)

奥さんにむかってピョンと跳ねるウサギから、生きている喜びを強く感じたんですね。
その姿が、藤田嗣治そのものに見えたんです。

この絵は純粋に信仰心から描かれたのかもしれないけど、目を開いている藤田からは、悟りを開いたというより、
「オレはここにいるぞ!」という、純粋な私心を感じるんだよね~。

私は、その人間臭さがとても好きです。
あっ!これはまったく私の主観であって、本当はどうなのかわかりません!

観終わってすぐ、マスカラが目の下についていないか?チェックしにトイレに行きました(笑)

それにしても、日本はこの人をフランス人にしてしまって、本当にもったいないことをしたな。
でも、そうでなかったら、この絵は観られなかったってことだし・・・複雑(^^;)

このあと藤田嗣治展は、10月19日~12月16日、京都国立近代美術館に巡回です。
さすがに京都日帰りは行けないな~( ;∀;)

お近くの方、ぜひ生でご覧になってくださいね☆

東京上野日帰り散策、次回は番外編(笑)
ではまた~('ω')ノ







にほんブログ村
読んでいただきありがとうございます☆


めちゃ混みの美術館【藤田嗣治展】あなたならどう鑑賞しますか?

こんばんは。

芸術の秋・読書の秋・食欲の秋 満喫していますか?
10日4日に上野の東京都美術館
【没後50年 藤田嗣治展】に行ってきました。

前回からのつづき・・・

会期が終わりに近かいこと、テレビで特集があったこともあってか、めちゃ混みだった(;´Д`)

_20181004_132006 (650x448)

入るのに20分待ち、中も大混雑・・・。
こんな時、どうやって観ますか?

私の場合

全部観ません!

はい(^^;)

もうこんだけ人がいると、じっくり絵に向き合って~なんてできないですよ!

解説も読みませ~ん!最近じゃ目もツラいしね(;'∀')
気になる絵はリストにしるしをつけて、後から調べればいいし~。

好きな画家でも、全部の作品が好みとは限りません。
藤田嗣治の場合、時代によって画風もかなり変わるので、あまり好みでない箇所は大きくカット!

そのかわり、好きな絵をじっくり観るのにはエネルギーを使いました。
もちろん空いていれば、じっくり最初から順に観ますけどね。

押してくるおばさん、絵を独り占めしてなかなか動かないおばさん、絵の前で手を振りかざすおばさん、
(おばさんばっか!私もおばさんだけど~(^^;))と闘いながらの鑑賞でした(笑)

_20181004_132054 (650x444)

心に残った作品についてはまた次回~('ω')ノ
ではでは、また☆


にほんブログ村
読んでいただきありがとうございます☆

行こう!会おう!やっておこう!東京日帰りおひとりさま【藤田嗣治展】

こんにちは。

台風だったり、地震だったり、自分の健康だったり・・・。
人生いつ何がおこるかわかりませんから!

すご~くいきたい所・会いたい人・やりたいことは、行こう!会おう!やっておこう!
そう強く思う、今日この頃。

てな訳で、4日は『藤田嗣治』に会いに、東京上野まで行ってきました。
今年は没後50年で、大きな展示会が開催されています。

DSC_1207 (650x415)

えへへへ~来ちゃったよ~♪
上野についたら、雨がぱらついてきました!

DSC_1256 (650x431)

前日にネットでみたときは、そんなに混みあっていない様子。
これならいいかな~と安心していたら、めちゃ混んでるじゃん!(@_@)

入場までに20分待ち。
今年あった『怖い絵展』にいった妹は2時間待ちだったそうで、それに比べたらかわいいもん?

8日で終わりなことと、テレビ『日曜美術』で特集があったことも関係してるのかも。
最近はSNSの普及で、話題になると人が殺到するしね~。

中も混みあってましたよ( ゚Д゚)!!!
普段、静岡でのんびり観ている私には、この人混みはツライ・・・。

それでも、行ってよかった♪♪♪と思えます。

つづきはまた次回。
ではまた~('ω')ノ

【静岡市清水区】パーソナルカラー分析
こちらからどうぞ('ω')ノ
23283288_1938467516170862_1042563900_n.png


にほんブログ村
読んでいただきありがとうございます☆

9月備忘録・【オペラ座の怪人】静岡公演

10月はじまってますが、9月の備忘録('◇')ゞ

9月16日(日)

『オペラ座の怪人』 静岡公演

静岡での公演は17年ぶりだそうです!
2回目を観に行く友達に便乗しました。

静岡での公演は54回。
その53回目に行ってきました~。

_20180916_122927 (484x650)

怪人役 佐野正幸(藤枝市)
ラウル役 鈴木涼太(静岡市)
劇場支配役 増田守人(焼津市)


と、静岡県出身の役者さんたちが、活躍してるんですね☆

あの超有名な音楽ぐらいしか、予備知識がなかった私(^^;)
ざっとストーリーだけは教えてもらい客席に・・・。

オペラ座が舞台とあって、華やかな舞台と衣装~☆☆☆

サルのオルゴールの場面でグっとくる( ;∀;)
せつないストーリーですよね。

今回は2階席だったから、全体はよ~くみえたけど、臨場感には欠けましたね。
近すぎると全体が見えないし、前から10列目ぐらいがいいのかな~。

今回は千秋楽の1日前ということで、カーテンコールも大大サービス♪
何回出てきてくれたんだろう?

歌の一部のサービスもあって、観客も大喜びでした♪
生の舞台っていいですね~。

歌詞は日本語だけど、うまく聞きとれないところも多かったから、細かいところ映画でもう一回観たい。

DSC_1139 (650x366)

便乗で行ったけど、観てよかった!♪はいっ!(^^)!

同じ演目はとうぶん来ないらしいから、次観るまで健在でありますように~。

【静岡市清水区】パーソナルカラー分析
こちらからどうぞ('ω')ノ
23283288_1938467516170862_1042563900_n.png


にほんブログ村
読んでいただきありがとうございます☆

大好きな藤田嗣治の猫に会いに行く(2)

こんにちは。
今日は涼しくて過ごしやすいですね~。
あっという間に9月も半ば過ぎ(^^;)

ベルナール・ビュフェ美術館で開催中
【藤田嗣治 本のしごと】

DSC_1130 (572x800)


2018年 没後50年

藤田のことを初めて知ったのは、結婚前だったから少なくても15年は前だと思うけど・・・
女性ファッション誌に、その特集があったことです。

この時代に、パリでこんなに人気があった日本人画家がいたんだ!
ということも驚きだったけど、そのとき掲載されていた藤田の家なのかアトリエなのか?の写真がすっごい好みで、この人のセンス好き~♪と思ったことがきっかけ。

私は猫大好きなので、藤田のネコの絵もツボでした(今は犬を飼ってますが(^-^;)

その切り抜きも長いこと持っていましたが、結婚後4回の引っ越しのうちに処分したようで、今はありません。
どんな写真だったのか、なんとなくしか覚えてないのでもう1回見てみたい。

今回の展示では猫のコーナーもあって、もちろんそれが1番よかったです(=^・^=)
藤田がフランク・シャーマンにあてた手紙も興味深かったです。

英語なので書いてあることはわかりませんが、自分の様子、奥さんが日本から来るのが待ち遠しくてしょうがない♪気持ちが、お茶目なイラストで表現されてます。

数は少ないけど、藤田が作ったおもちゃや陶芸、自分でカスタマイズしたテーブルなど・・・。
裁縫もじょうずだったようで、自作の服を着たり、プレゼントしたりもしていたようです。

何年か前に映画で【FOUJITA】をみました。
映像はとっても美しい映画だったけど、私が抱いている藤田とあまりに違って超ガッカリした映画。

FUJITAではなく、FOUJITA。
フランスでつけられたあだ名「FOU FOU」(お調子者)響きが気に入って、藤田がわざとそう書いていたようです。

時代・戦争・国に翻弄されつづけた生涯だったと思うけど、この人からは強いエネルギーを感じるんですよね~。
打たれても打たれても、出てきちゃう杭みたいな。

それに、楽しむこと、成長することへの意欲がすごい人だったんじゃないのかな~。
この人の生きざまを、もっと知りたい(^w^)

この日、鑑賞する前に預けた傘を忘れてしまい、カギを持ち帰ってしまいました('◇')ゞ

_20180909_174807 (500x650)

美術館にはお電話して、カギは郵送しました。

傘なんだけど、まだ新しくて手放すにはもったいないし・・・。
藤田が私にしかけた『いたずら』だと思って、もう一回会いに行くつもりです(笑)

【静岡市清水区】パーソナルカラー分析
こちらからどうぞ('ω')ノ
23283288_1938467516170862_1042563900_n.png


にほんブログ村
読んでいただきありがとうございます☆

プロフィール

辻 由美子

Author:辻 由美子
静岡市在住

夫と二人暮らし+チワワ
好きなもの・動物・映画・日本酒

★パーソナルカラーアドバイザー

パーソナルカラー分析いたします
詳しくは自己紹介欄をご覧下さい☆


2014年7月
ロングコートチワワの黒吉が
家族に加わりました☆
・黒吉 2014年5月16日生まれ
   ブラック&ホワイト・オス


     

ブログランキング

ポチっとしてもらえるとよろこびます(#^^#)

☆☆☆☆☆☆☆

☆★☆★☆★☆

ようこそ♪

ありがとうございます

月別アーカイブ

FC2ブックマーク

検索フォーム

QRコード

QRコード